葉酸サプリはいつまで必要?

妊娠の時期に葉酸サプリが必要であることは知っているものの、いつまで飲み続ければいいのか疑問に感じている方も多いのではないでしょうか。

葉酸自体が女性にとって必要な栄養素であるため、妊娠が関係ない方でも取り入れることは珍しくありません。 ただ、赤ちゃんのことを考えて取り入れている方は、授乳期間終了まで継続すると良いですね。

特に、高い葉酸サプリメントを選んでいる方は、無期限で続けるのは難しいと思うので、授乳期間が終了するまでを一つの目安にしましょう。

葉酸は造血ビタミンとも呼ばれ、女性にとって大切な栄養素でもあります。 続けられるのであればそのまま続けるのも良いでしょう。

実際に、更年期の緩和目的で作られたサプリメントの中にも葉酸が含まれているものはたくさんあります。

一度にまとめて葉酸サプリを大量購入したという人もいるかもしれません。 そういった方も授乳期間が終了したからといってやめるのではなく、適量を継続して飲みきると良いですね。

ただ、葉酸は普通の食生活の中でも取り入れることができています。 野菜不足を感じている方は葉酸サプリを飲んだ方が良いかもしれませんが、栄養バランスの整った食生活が遅れているのであれば、葉酸も足りていると判断できるので、無理にサプリで飲む必要はありません。

野菜不足を補うために葉酸サプリを取り入れる際には、一粒あたり100μgのものを購入しておくと便利です。
山梨病院 | 地域医療機能推進機構

葉酸サプリによって一粒でいくらの葉酸が取れるかというのは違うのですが、一粒で摂取できる葉酸量が多いものを選択してしまうと授乳期間が終了した後に取り入れるのが難しくなってしまいます。

それから、出産が終わった後にすぐに次の妊娠を希望しているという方もいますよね。 葉酸は妊娠前から取り入れておいた方が良い栄養素なので、こちらの場合は妊娠前と同じで一日あたり400μgを葉酸サプリで摂取しましょう。

葉酸サプリを取り入れることで体の中に葉酸を蓄積させることができますが、十分な量が蓄積するまでには1ヶ月ほどかかるので、妊娠を希望している方は早めに取り入れておくと良いでしょう。

出産後の葉酸摂取

葉酸サプリといえば、妊活中の方や妊娠中の方が取らなければならないサプリだと理解している方も多いでしょう。

ですが、授乳期間中にも大切な栄養素です。 どれくらい取れば良いのかというと、授乳期間中は一日あたり340μgの摂取が推奨されています。

食事から摂取できる葉酸だけでは不足してしまうため、サプリも上手に活用しましょう。 葉酸サプリは妊娠前から取り入れる必要があるのですが、授乳期間中の推奨摂取量はそれらの時期に比べると少なくなっています。

授乳期間中といえば、赤ちゃんにとって主な栄養はママの母乳ですよね。 そんな重要な母乳を作り出すためにも葉酸は大切な役割を持っています。

現代の20代から40代女性はどれくらいの葉酸を摂取しているのかというと、これは平均して平均253μgとなっているため、通常の食生活では足りない人の方が多いといえるでしょう。

葉酸がたくさん含まれる野菜を取り入れることも大切なのですが、目標の数字である340μgを達成するためには普段に比べて4割ほど野菜を増やさなければなりません。

これはかなり大変なことですよね。 野菜が好きという方でも毎日大量に食べるのは難しいのではないでしょうか。

しかも、授乳期間中は、自分の食事に関することだけでなく、赤ちゃんの世話もしなければなりません。 ゆっくりメニューを考えている時間もないため、野菜不足になってしまう方も多いようです。

葉酸サプリであればただ飲むだけで効率よく葉酸を摂取できるため、料理が苦手で野菜をあまり取り入れられないという方でも安心して葉酸が摂取できます。

厚生労働省からも通常の食事に加えて400μgの葉酸摂取が推奨されているため、この量を摂取できているかよく確認しておいた方が良いでしょう。

たくさん取りすぎてしまうと過剰摂取の問題もありますが、過剰摂取が心配される量といえば1,000μg/1日です。 そのため、多少取り過ぎてしまったとしても過剰摂取に繋がってしまう心配はそれほど大きくありません。

妊娠3ヶ月目以降の葉酸サプリの摂り方

特に妊娠初期に欠かせないとされている葉酸サプリではありますが、3ヶ月を過ぎた頃からは摂取推奨量が減ります。

どれくらいの量かというと、推奨量は480μgです。 480μgというと多いのではないかと思うかもしれませんが、食事から摂取する場合は480μgという量が必要になるのですが、サプリメントで摂る場合は280μgで良いのです。

というのも、葉酸がたくさん含まれる食材を食べたとしても、そのすべてが体の中で使われるというわけではありません。 それに比べ、葉酸サプリであれば効率よく葉酸を取り入れることができるので、少量で済むわけです。

時期によっては食事から摂る葉酸の他にサプリでも○μg摂るべきとされている時期がありますが、妊娠3ヶ月を過ぎてからは食事で摂取する分も含めて480μgを目標に取っていく形になります。

食事で葉酸をたくさん含む野菜が食べられているという場合はそれほどサプリメントの飲用について考える必要はないかもしれませんが、先にご紹介したように葉酸がたくさん含まれる野菜を食べたとしてもそのすべては摂取できません。

自分では食べているつもりだったものの実は足りていなかったということになっても大変なので、妊娠3ヶ月以降も葉酸サプリを活用しましょう。

野菜のみから480μgを摂取しようと思った場合、どれくらい食べれば良いのでしょうか。 テレビなどでもたまに「1日に必要な野菜はこんなに多いんです」と大きなカゴ一杯の野菜が紹介されているのを見たことがある方もいるはず。

野菜だけで480μgもの葉酸を取り入れようと思った場合、一日の野菜摂取目標量とされている350gでは足りません。 だからこそサプリメント取り入れる必要があるんですね。

もう一つ知っておきたいこととして、妊娠3ヶ月目以降は天然由来の葉酸サプリの摂取が推奨されています。 その理由として挙げられるのが、妊娠後期になってからは合成の葉酸サプリを摂取すると喘息の発症確率が上がってしまうというデータがあるからです。

このことを考えると、妊娠3ヶ月目以降は十分な葉酸が摂取できる葉酸サプリを選ぶのはもちろんのこと、天然由来のものを選ぶと良いでしょう。

葉酸にはどんな効果がある?

女性にとって葉酸はとても大切な栄養素であることは徐々に知られてきています。 特に妊娠や妊活について調べた事がある方であれば、葉酸の重要性についてもご存知かもしれませんね。

なぜ葉酸を取った方が良いのかというと、胎児の神経管閉鎖障害か発症するリスクを低減することができるからです。

先天性の病気として二分脊椎症や無脳症といったものが挙げられますが、このような症状が見られた胎児は奇形となってしまいます。

これを防ぐために葉酸が効果的とされており、外国では保険適用の対象にもなるくらい重要な栄養素です。 諸外国の中には国をあげて葉酸の重要性についての情報を広め、認知度が非常に高いところも増えてきました。

日本ではもともと神経管閉鎖障害の発生率がそれほど高くなかったということもあり、諸外国に比べると後れを取った形とはなりましたが、近年は葉酸をサプリで取り入れるべきという指導も進んできています。

その理由として、葉酸サプリが雑誌などでも取り上げられ、幅広い方にその重要性が知られてきたことが挙げられるでしょう。

日本において妊婦には葉酸が必要というのは最近広まってきた情報であるため、まだまだご存知ない方も多いです。 ですが、近年は母子手帳にも葉酸の摂取推奨が記載されるようにもなりました。

注意しなければならないこととして、葉酸サプリを摂ってさえいれば胎児奇形の発症リスクをゼロにできるというわけではありません。 確かに抑える効果はありますが、100%ではということを理解しておきましょう。

ただ、神経管閉鎖障害のリスクを少しでも抑えることができる葉酸サプリは妊婦にとって欠かせない栄養分だと考えて間違いありません。

なぜ葉酸サプリを摂ることで神経管閉鎖障害の発症リスクを抑える効果が期待できるのかというと、これには胎児の成長の過程が関係しています。

赤ちゃんはお腹の中で細胞分裂を繰り返しながら成長していくのですが、その成長に葉酸が欠かせないのです。 仮に葉酸が不足してしまった場合、赤ちゃんは正常な細胞分裂ができなくなってしまいます。

ママが葉酸を取ることは赤ちゃんの細胞分裂を助けることにもつながるわけです。

ページの先頭へ